神谷コーポレーション湘南株式会社

    (旧社名 :横浜ハウジング協業組合、2013年12月1日変更)

伊勢原工業団地内の本社工場
伊勢原工業団地内の本社工場

昭和48年4月1日、神谷木工㈱(現在の神谷コーポレーション)が、伊勢原工業団地に進出するとき、設立されたのが、「横浜ハウジング協業組合」です。神谷木工は、昭和44年、日本住宅パネル工業組合に加入し、量産住宅の内装プレハブ部材の製造を始めていた。伊勢原に、量産体制の生産ラインを構築した。しかし、完成直後、オイルショックにみまわれ、大量生産方式は大きな壁にぶつかる。在庫が急増する大ピンチの中、山田日登志先生の指導を受け「トヨタ生産方式」を導入し多品種少量生産方式へ転換し、危機を脱するとともに、今日の成長の基礎を築いていった。

 昭和59年から、パネルと並行して、日本鋼管子会社NKホームのドアの生産を始めた。昭和60年から三井ホームの受注が始まると、多くのハウジングメーカーからの引き合いがきて、住友、旭化成、三菱地所などへ拡大していった。生産方式は神谷独自の「邸別生産システム」といわれるものに進化しています。ISO9001を2008年に認証取得しています。

 当社は、発売以来10万本を超えた全国的なブランド「フルハトイドア」の主力生産拠点となっています。

 平成25年12月1日に株式会社に組織変更し、「神谷コーポレーション湘南株式会社」として、新たなスタートを切りました。

 平成27年4月1日に、代表取締役社長に神谷忠重が就任しました。
 平成27年9月29日、2015年度グッドデザイン賞を「フルハイトドア」で受賞する。 


 

平成27年4月 新社長に、神谷忠重氏が就任

 経営陣の若返りを図るため、神谷光信会長の次男、神谷忠重氏が、新社長に就任し、石井明社長が、会長に就任しました。また、入山悦隆常務が専務に昇格しました。

 

2015グッドデザイン賞を「フルハイトドア」が獲得しました。

9月29日、2015年度のグッドデザイン賞の発表があり、神谷コーポレーション湘南㈱は、「フルハイトドア」で、見事受賞しました。

受賞者、プロデューサー:神谷忠重社長 

     ディレクター:栗林大介部長

    デザイナー:栗林大介、浅井摂子、中村文彦、

          田中多世、笠原智恵

 審査委員の評価:「枠なしで構成されたこのドアは、あらゆる角度で開発がなされたように思う。単にフルハイトドアと言うだけでなく、その為に必要とされる建具自体の重量、ヒンジの納め、フルハイトを活かすガラススリットと、枠をなくした事から同時に全てのパーツに可能性を感じる。」くわしくは、こちら。

神谷コーポレーションのホームページより
20150929神谷コーポ湘南グッドデザイン賞受賞.pdf
PDFファイル 70.2 KB

社名 神谷コーポレーション湘南株式会社
本社

〒259-1146

伊勢原市鈴川50伊勢原工業団地内  

tel0463-94-6201

fax0463-94-0869

代表者

代表取締役会長 石井 明

代表取締役社長 神谷 忠重

設立 昭和48年4月1日
資本金 9,980万円
従業員数  87名
製造品目 木製ドア、木下地パネル
主な材料 木材、集成材、合板、化粧画材、など
 自社ホームページをみる。
 

(アクセス)東名高速を厚木ICにて降り、国道246号線を秦野方面へ。「坂戸」交差点を左折し、伊勢原工業団地へ入る。