神奈川県家具工業組合の概要

テクニカルショウヨコハマ2015で展示した紹介パネルをご覧ください。
パネル①神奈川県家具工業組合のご紹介 枠木目20150123.pdf
PDFファイル 231.8 KB

(組合の歴史)

 昭和39年1月に近代化促進法の指定業種となるため木製家具製造業者の全国組織設立に当たりその下部組織として神奈川県家具工業会を結成。

昭和45年5月に、近代化促進法の改正に伴い、構造改善事業を実施するため、工業会を改組し、商工組合法に基ずく神奈川県家具工業組合を設立した。

昭和49年10月全国に先駆け通産大臣承認第1号による知識集約化構造改善事業として、海老名市に「商品技術開発センター」の建設を中核とする計画を策定し実施した。

昭和57年技能検定受託事業を開始。

昭和63年3月神奈川県知事認定による「木材工芸技能訓練校」を開設。

平成4年技能五輪(家具製作部門)に初参加。銅メダル獲得。

平成9年11月、技能検定の実施の功績により労働大臣表彰を工業組合が受ける。

平成17年の技能五輪全国大会において、金メダルを初受賞。

平成28年度までに、金3名、銀9名、銅8名、敢闘賞14名を輩出しています。

技能検定では、1級技能士156名、2級技能士295名、合計451名を輩出しています。

 

(事業内容)

 1.技能検定事業(神奈川県職業能力開発協会補助事業として、昭和 57年以来毎年、技能検定実技試験を受託しています。また、学科 試験に備え、講習会を実施しています。)

 詳しくは本ホームページ 検定事業技能五輪  へ

 2.PL賠償保険事業

 3.情報提供事業(全国団体、神奈川県、中央会、KIP、産業技術セン ター、商工中金などの情報を組合員へ提供しています)

 4.交流活動(毎年神奈川県知事をお迎えした新年賀詞交歓会、総会後の 懇親会など神奈川県に おいて家具産業に関係する官庁、民間のトップ および若手と交流を図っています。)

 5.かなもく塾(家具産業の次代を担う若手・中堅経営者が切磋琢磨し、新しいヨコハマブランドの確立を めざしています) 詳しくは本ホームページかなもく塾へ。

神奈川県家具工業組合の名簿はこちらをご覧ください。

(賛助会員)

 神奈川県家具工業組合の交流組織として、工業組合員の関連事業業者

 であって、工業組合と連携、提携、情報交歓を積極的に推進し、経営の

 安定化、および合理化を図ることに賛同した事業者により、家具工業

 組合の「賛助会」を平成15年3月設置しています。賀詞新年会、総会後

 の懇親会、懇親旅行、かなもく塾、ゴルフ会などで組合員と交流を図って

 います。

     賛助会員の名簿はこちらをご覧ください。

平成30年(第50回)通常総会の審議決定事項

平成30年7月26日、横浜中華街萬珍楼にて、第50回通常総会を開催しました。

 第1号議案、平成29年度事業報告および収支決算の承認の件

 第2号議案、平成30年度事業計画案および同収支予算案承認の件

 第3号議案、賦課金および賦課金徴収方法決定の件

 第4号議案、組合借入金残高の最高額決定の件

 第5号議案、1組合員に対する貸付金の最高限度額決定の件 

 第6号議案 役員改選の件

   以上審議し、すべて原案どおり可決承認されました。

        詳しくは、総会・懇親会特集ページをご覧ください。 

 

下記は、昨年の「家具新聞記事」。今年の家具新聞記事は、こちら。

家具新聞の報道記事。
家具新聞の報道記事。